プロポリスの知識と効果

プロポリスのうがい効果

プロポリスの効果

プロポリスは古代ギリシャの頃から、強い殺菌作用と抗菌作用が認められてきた天然成分であり、病気の予防や怪我の治癒などに絶大な効果を発揮します。
ミツバチが自分たちの巣をウイルスや菌から守るために作られた物質であることから、プロポリスにこのような作用があるのです。
現代では美容や自律神経の不調を整えることにも有効とされているため、体に何らかの問題を抱えている方は一度使ってみると良いかもしれません。
症状に合わせた使い方を選択し、自分の健康を守っていきましょう。

喉への効果

プロポリスには病気の予防や免疫力アップなどの健康効果があるため、さまざまな怪我や病気などで広く用いられています。
中でも喉の腫れやイガイガへの効果は抜群です。
プロポリス入りののど飴を使う手もありますが、原液を薄めたプロポリスを使いうがいをすれば、痛みが驚くほど早く消えていきますよ。
ミツバチが作り出した天然成分ですから抗生物質と比べて副作用もなく、お子さんからお年寄りの方まで安心して使えますよ。
「ちょっと喉の調子がおかしいな。」と思ったら、プロポリスでうがいすることをおすすめします。
早め早めの対策が症状悪化を防ぐための最善策です。

風邪やインフルエンザの予防

風邪やインフルエンザの初期症状の1つに喉の痛みがあります。
プロポリスはインフルエンザや風邪のウイルスにも有効であるため、喉の痛みが出てきたらすぐにプロポリスでうがいをすることが大切です。
風邪やインフルエンザなどの感染予防にも役立つので、流行するシーズンには毎日うがいすると良いですね。

口内炎への効果

口内炎の原因はストレスやビタミン不足などがありますが、ウイルスや細菌が引き起こすものも中にはあります。
口腔内細菌を減らせば口内炎になるリスクを下げられるので、日頃からプロポリスでうがいをし、お口の中を清潔に保っておくのが大切です。
またプロポリスには抗炎症作用もあるため、口内炎がひどくなっている人も使ってみてくださいね。
口内炎ができていると些細な刺激にも強い反応を見せるため、プロポリスでうがいをするときは水で薄めたものを使い、痛みを最小限に抑えましょう。

虫歯への効果

口腔内に存在する虫歯菌が食べカスをエサに増殖し、エナメル質を溶かすことで虫歯になります。
そのため虫歯の予防には、虫歯菌の活動を抑制することが大切です。
プロポリスは高い抗菌作用があるフラボノイドが主成分なため、虫歯の予防にはプロポリスでうがいすると良いですね。
お口の中の健康を守るために、プロポリスでのうがいを日常生活に取り入れてください。

プロポリスの使い方

プロポリスは独特の匂いと癖があり、使い方にお悩みの方は少なくありません。
普通に飲む場合は、ヨーグルトや蜂蜜、フルーツジュースなどに混ぜ合わせるケースが多いですが、うがいをする場合はどのように使えば良いのでしょうか?
プロポリスをうがいに使う場合、ぬるま湯200ccに原液を2.3滴垂らして使いましょう。
このとき冷たい水を使わないことがポイントですよ。
プロポリスは水に溶けない脂溶性物質を多く含んでいるため、水に混ぜると分離してしまい、十分に混ざらないので注意してください。
うがい液を作れば、後は普通にうがいをするだけで大丈夫です。
1日2回、朝と夜にうがいをすることで症状が改善するため、継続して使用することをおすすめします。

ページのトップへ戻る