r プロポリスには胃腸改善効果があるって本当?

プロポリスの知識と効果

プロポリスには胃腸改善効果があるって本当?

プロポリスの胃腸改善効果について

プロポリスは天然の抗菌物質としてよく知られており、体の様々な不調を改善する手助けをしてくれます。
皮膚疾患や呼吸器疾患などにも効果があるため、一度は使ったことのある人もいるはずですが、中でも消化器疾患に対して絶大な効果を発揮するってご存知でしたか?
ストレスの多い現代社会に生きる私たちは、胃になんらかの不調を抱えている人も少なくありません。
胃腸改善を目指している方は、プロポリスを正しく使い健康的な体を手に入れることをおすすめします。

プロポリスの胃腸改善効果

プロポリスは胃潰瘍や腸炎などの病気だけでなく、ストレス由来の胃痛や胃潰瘍にも効果を発揮します。
抗菌作用や抗炎症作用があるため、ピロリ菌やウイルスによって引き起こされる病気に効くのはわかりますが、なぜストレスが原因の胃痛の症状も改善してくれるのか気になりますよね。
実はプロポリスに含まれているフィトンチッドという成分がストレス緩和に一役買っているのです。
フィトンチッドは、植物が外敵から自分を守る時に放出される成分であり、花粉や樹液などから作られているプロポリスにも多く含まれています。
森林で深呼吸するとリフレッシュした気分になりますが、これは植物から出されているフィトンチッドの作用なんですよ。
ストレスからくる胃炎でお悩みの方は、ゆっくりとプロポリスのにおいを嗅いでみるのも良いかもしれません。

好転反応で胃痛が生じることもある

胃痛を改善したくてプロポリスを使っているのに、なぜか胃痛の症状が強くなってきた方もいるのではないでしょうか?
プロポリスは抗菌作用が強いため、下痢や腹痛などの副反応が現れるといったケースは少なくありません。
もともと胃腸が弱かったり花粉などのアレルギーがあったりする場合に副反応が現れますが、それ以外にも体が良い方向に向かっている直前に引き起こされる好転反応があるのです。
好転反応では胃痛や下痢、頭痛などのさまざまな症状を引き起こしますが、長くても3日程度で治るのであまり気にする必要はありません。
しかし長く続くようだったり、症状がどんどんひどくなったりするようであればすぐに服用を中止し、病院に受診することをおすすめします。
「これは好転反応だから大丈夫!」決めつけず、専門家からの正しい判断を仰ぎましょう。

プロポリスの使用方法

プロポリスは独特の匂いと癖があるため、そのまま飲むのがつらいという人と少なくありません。
飲むのが嫌になってしまっては元も子もないないですから、自分に合った飲みやすい方法を見つけるのが大切です。
例えばヨーグルトやジュース、スムージーに混ぜて食べると匂いも気にならなくなるので良いですね。
プロポリスはビタミンCを含む食品と一緒に摂取すると、効果が増進されるためハチミツやレモンと一緒に使ってみるのもポイントです。
美味しくプロポリスを摂取し、胃腸改善を目指しましょう。

ページのトップへ戻る